2017 年05 月15 日

ラジコン救助艇の進水式

レジャーとラジコン救助艇の進水式を兼ね、西湖湖畔にキャンプに行ってきました。
今回は、キャンピングカー「テントむし」をレンタル。オートキャンプです。
この車は、軽ベースのキャンパーながら、親子3人でも結構快適な広さがあります。

20170422_131409s.jpg

キャンプ場で運営のカヌー教室で、カナディアンカヌーの体験航海に行ってます。

20170423_093606s.jpg

こちらは救助艇「サンダーボート」。無事走航できました。湖水がキレイで気持ち良いです。
ラダー軸からと思われる船内への浸水も若干ありますが、軸内のグリス不足でしょうか。一方、3chを使用する救助用のアンカーは無事作動、概ね成功です。約30分程度の救助活動が可能です。

20170422_140850.jpg

20170422_141620.jpg

20170422_141542.jpg
posted by ラジコン飛行中年 at 23:05 | Comment(0) | ラジコンつれづれ日記
2017 年05 月14 日

救助艇の製作 その3

生地完成の続き。動力用バッテリーはリポ2Sの5200mAh、モーターは車用のブラシレスモーターを搭載。コスト重視でブラシモーター(540モーター)で良かったかも。

20170304_101708.jpg

下地にホワイトを塗装。「THUNDER BOAT」の文字部分はマスキングしました。

20170326_083147.jpg

ビストウの製作例。格好良いカラーリングですね。

BT_ThunderBoat_L.jpg

ビストウのワークスカラーを真似てみました。タミヤのレッドとオレンジ(缶スプレー)で塗装するも、何か地味な仕上がりに。下地にホワイトも塗ってあるのに今一歩パッとしません。キャメルイエローで塗るべきだったかも。

20170408_090025.jpg

動力系もよく分からないままにセットしました。まあ、スクリューが廻れば何とかなるでしょう。救助用アンカーなど各種艤装品はこれから装着です。本艇は、スピコン、ラダー、救助アンカー用サーボの3サーボ使用となります。

20170408_090215.jpg
posted by ラジコン飛行中年 at 00:13 | Comment(0) | ラジコンつれづれ日記
2017 年05 月13 日

救助艇の製作 その2

救助艇の生地完成の状態です。(部品点数少なく、すぐ完成、飛行機より断然ラクですね)

20170305_160831.jpg

船体の内側は防水のため、タミヤのアクリル塗料(ブラック)で全面塗っています。ちょっと塗料が内側から外側に染み出してきている部分がありますが、この部分には防水処置が必要となります。

20170305_160807.jpg

船体底面には耐久性と強度を勘案して、マイクログラスを貼ってみました。スペースウォーカー用のテトラ製フロートと同様の処置です。底面は塗装もウレタン塗料を使用しようと思います。

20170308_224227.jpg
posted by ラジコン飛行中年 at 23:57 | Comment(0) | ラジコンつれづれ日記

救助艇の製作 その1

何年か前に購入していましたビストウの国際救助艇「サンダーボート」を製作しました。
(製作は3月〜4月で実施)
ベニア板を中心とした材料が入っている組立キットですが、スクリュー付きキットを入手しました。水上機とボート遭難時の救出が目的ですが、子供用ボートとしても、安心して操作させれる電動ボートだと思います。

購入から数年で、ようやく起工しました。手が遅いです。

20170212_164641.jpg

自宅ちゃぶ台製作所にて、組み立て作業中。やりだすと製作も楽しい。

20170212_164629.jpg

船体底面をプランク中です。何となく飛行機のバルサキット製作と共通する部分があります。
瞬間接着剤は必要最低限で、木工用ボンド(防水の観点で)を主に使用します。
重量は飛行機と違い、全く気にする必要がありませんので、たっぷり使用します。

20170212_230840.jpg
posted by ラジコン飛行中年 at 23:36 | Comment(0) | ラジコンつれづれ日記
2017 年01 月29 日

T-REX250 1号機のスケールボディ化

本日は、午前中に電動バギーレースの観戦に行く予定でしたが、急遽変更。
最近全く出動の機会が無かったT-REX250 1号機に、スケールボディを搭載。
(ヒューズMD500のPOLICE COLOR)

20151206_085254.jpg
スケール化前の機体。(T-REX250PRO)

20170129_135958.jpg
ボディはアライン純正なので、ほとんどボルトオンで装着かと思いきや、機体とのフィッティングには、それなりに時間を要しました。FRPボディですが塗装にクラックが入りやすく、取り扱い注意です。
メインローターは、雰囲気優先でTAROTの黒カーボンへ換装。
電飾はLED購入済みなので、ボチボチやります。

20170129_140245.jpg
エルゴ52との比較。とにかく250は小さいです。視認性を考えると上空に上げ過ぎない方が良さそう。

20170129_140615.jpg
GPヘリと電動ヘリの親子。
posted by ラジコン飛行中年 at 14:36 | Comment(2) | アライン T−REX450
2017 年01 月09 日

新春飛行会

20170106_160858.jpg

謹賀新年(北海道ニセコスキー場にて)

2017年最初のフライトへ某飛行場へ出向きました。機体はエルゴ52SS(4サイクル)とGAUI NX-4のエンジンヘリ2機です。エルゴは約2年前に尾島で初墜落後、ようやく上空飛行まで復活しました。

20150328_122035.jpg

2015年墜落後、自宅での写真。(バーレス3ローターヘッド仕様)

a86d0416.jpg

前回の飛行会の写真。(Kさん撮影ありがとうございます)
3ローターヘッドから2ローターヘッドへ変更。JR部品供給終了で、落とせません。

1aaeadf1.jpg

今回の飛行中の写真。(Kさん撮影ありがとうございます)
バーレス2ローターヘッド仕様が今までで最もパワフルな感じです。
とはいっても上空周遊飛行のみ。

GAUI NX-4はOS55のレギュレータ仕様エンジンで、各種調整も終わり、ようやく快調に飛行するようになりました。軽スタントはこちらの機体でやります。次回、写真をアップしたいと思います。
posted by ラジコン飛行中年 at 10:06 | Comment(2) | JR エルゴ52SS
2016 年10 月24 日

カシオペア セラ 初飛行

カシオペアのセラが完成しました。部屋にあっても邪魔にならないミニサイズです。

SERA_01.jpg

しかし、壁ハンガーに置くと、部屋が狭いこともあり、ちょっと邪魔な感じです。やはり尾翼取り外しの追加加工は無駄ではなかった?!、ということにしておきます。
尾翼さえ外せば、主翼は2分割ですし、胴体も細いので収納は何とでもなります。

SERA_02.jpg

ということで、デカールも貼って、芝生の綺麗な飛行場で初飛行。無事終了しました。
取り外し式V尾翼の強度も特に問題なさそうです。
ただ、折ペラのピッチが足りず、今回はスピードが出ませんでした。次回はペラ換装です。

SERA_03.jpg

SERA_04.jpg
posted by ラジコン飛行中年 at 22:41 | Comment(0) | カシオペア セラ
2016 年09 月26 日

カシオペア セラDSの組み立て

長い間寝かせてしまったカシオペア セラDSのARFキットを組み立て中です。
DSはダイナミック・ソアリングということで、主翼はフルプランク構造で丈夫そうです。かなりスピードを出せる機体の様ですので、この機体でスロープに行ってみたいところです。
さて、自宅の機体収納スペースが狭い関係で、今回も尾翼は取り外し式に改造しました。まずはV字尾翼をカットしてノイズレスパイプを尾翼に埋め込みます。

SERA03.jpg

カンザシはカーボンロッドを調達しました。ノイズレスパイプ内径とカーボンロッド外径を合わせただけですが、ガタもなく上手くいきました。尾翼を嵌め込んで、さらにミニボルトで固定します。せっかく軽量なV字尾翼なのに取り外し構造追加で重量が増えてしまいますが、収納スペース優先で行きます。

SERA01.jpg

ようやく胴体はそれらしくなってきました。作業ピッチを上げていきたいと思います。
尾翼の強度がちょっと心配ですが、フライトさせるまで分かりません。

SERA02.jpg
posted by ラジコン飛行中年 at 17:12 | Comment(2) | カシオペア セラ
2016 年06 月25 日

飛燕25の飛行

ヒロボー飛燕25の飛行動画を撮って頂きました。(さけさんありがとうございました)
操縦しながら見ている機体と、撮影された動画では印象が異なるのが不思議です。



この機体はエルロン軸にフタバの小型ジャイロを入れており、飛行中や着陸時のエルロン修正舵が減ったので、リラックスして飛ばせます。ちなみにキット付属の燃料タンクが原因で、エンジン不調が続いていましたが、IM製に換装したところ解決しました。
posted by ラジコン飛行中年 at 06:54 | Comment(2) | ヒロボー 飛燕
2016 年05 月29 日

飛燕 搭乗員

ヒロボー飛燕も数回飛行に成功しましたので、追加で空気取り入れ口取り付けとパイロットを手配。パイロットは、若干オーバースケールですが、適当にという事でKKホビーにて購入。

何国製かは分かりませんが、あまりにも適当な彩色(色塗ってない部分あり)だったので、色が付いていないところは、タミヤのアクリル塗料で塗ってみました。
(コクピット内なのでアクリル塗料でも大丈夫でしょう)
マフラーは白色にしましたが、これは海軍搭乗員のスタイルだったかも。陸軍の搭乗員もマフラーしてたのでしょうか。ゴーグルにも銀色シールを貼り付けてみました。

20160528_133642.jpg

20160528_133653.jpg

機体に接着、搭載しました。
人形は底の部分が重いですが、殆ど切り落としているので、重量増はわずかです。
離れて見れば、それなりの雰囲気です。

20160528_133912.jpg
posted by ラジコン飛行中年 at 13:04 | Comment(2) | ヒロボー 飛燕