2015 年11 月14 日

飛燕を製作中

<スポンサードリンク>


飛燕25を製作中です。製作といってもARFキットなので本来は時間かからない筈ですが、余計な改良・強化や、改悪など施しているので進みません。現在は引込脚を取り付け中。キット付属のリトラクトは電気式ではなく、機械式なのでリンケージの調整が面倒です。本番のハンガー9・テキサン60(FA120R3搭載予定)では作動の確実な電気式に換装しようと思っています。

HIROBO_HIEN.jpg

製作は進みませんが、ネットを見ていると「これは確保(購入)しておかなくては。」という気になり、また購入してしまいました。サイトーのグロー3気筒FA90R3です。ブラック&ゴールドで、既に購入している同タイプの120よりビジュアルは派手です。出力は0.95PS、重量が850グラムです。4サイクル50クラスのパワーなので、パワー・重量比ではちょっと不利ですから、50クラスの機体に載せることにします。

見た目なら、FA90R3の方が格好良いです。

FA90R3_1.jpg
FA90R3_2.jpg

こちらは、120のFA120R3。カタログスペックでは、1.4PS、890グラム。90クラスの機体が適合。

FA120R3.jpg

FA90R3用の機体は、空冷エンジンの固定脚という条件で探した結果、京商のスホーイにしました。この機体は50クラスですが、まあ何とかなるでしょう?RCgroupsなど見ると、FA90R3を60クラスに搭載して飛ばしている人も居ますので、パワー的には問題ない筈です。

KYOSHO_SUKHOI_SU31.jpg

とにかく早く飛燕をロールアウトさせないと、3気筒エンジンに行けません。
posted by ラジコン飛行中年 at 11:52 | Comment(2) | ヒロボー 飛燕