2017 年05 月15 日

ラジコン救助艇の進水式

<スポンサードリンク>


レジャーとラジコン救助艇の進水式を兼ね、西湖湖畔にキャンプに行ってきました。
今回は、キャンピングカー「テントむし」をレンタル。オートキャンプです。
この車は、軽ベースのキャンパーながら、親子3人でも結構快適な広さがあります。

20170422_131409s.jpg

キャンプ場で運営のカヌー教室で、カナディアンカヌーの体験航海に行ってます。

20170423_093606s.jpg

こちらは救助艇「サンダーボート」。無事走航できました。湖水がキレイで気持ち良いです。
ラダー軸からと思われる船内への浸水も若干ありますが、軸内のグリス不足でしょうか。一方、3chを使用する救助用のアンカーは無事作動、概ね成功です。約30分程度の救助活動が可能です。

20170422_140850.jpg

20170422_141620.jpg

20170422_141542.jpg
posted by ラジコン飛行中年 at 23:05 | Comment(2) | ラジコンつれづれ日記
2017 年05 月14 日

救助艇の製作 その3

<スポンサードリンク>


生地完成の続き。動力用バッテリーはリポ2Sの5200mAh、モーターは車用のブラシレスモーターを搭載。コスト重視でブラシモーター(540モーター)で良かったかも。

20170304_101708.jpg

下地にホワイトを塗装。「THUNDER BOAT」の文字部分はマスキングしました。

20170326_083147.jpg

ビストウの製作例。格好良いカラーリングですね。

BT_ThunderBoat_L.jpg

ビストウのワークスカラーを真似てみました。タミヤのレッドとオレンジ(缶スプレー)で塗装するも、何か地味な仕上がりに。下地にホワイトも塗ってあるのに今一歩パッとしません。キャメルイエローで塗るべきだったかも。

20170408_090025.jpg

動力系もよく分からないままにセットしました。まあ、スクリューが廻れば何とかなるでしょう。救助用アンカーなど各種艤装品はこれから装着です。本艇は、スピコン、ラダー、救助アンカー用サーボの3サーボ使用となります。

20170408_090215.jpg
posted by ラジコン飛行中年 at 00:13 | Comment(0) | ラジコンつれづれ日記
2017 年05 月13 日

救助艇の製作 その2

<スポンサードリンク>


救助艇の生地完成の状態です。(部品点数少なく、すぐ完成、飛行機より断然ラクですね)

20170305_160831.jpg

船体の内側は防水のため、タミヤのアクリル塗料(ブラック)で全面塗っています。ちょっと塗料が内側から外側に染み出してきている部分がありますが、この部分には防水処置が必要となります。

20170305_160807.jpg

船体底面には耐久性と強度を勘案して、マイクログラスを貼ってみました。スペースウォーカー用のテトラ製フロートと同様の処置です。底面は塗装もウレタン塗料を使用しようと思います。

20170308_224227.jpg
posted by ラジコン飛行中年 at 23:57 | Comment(0) | ラジコンつれづれ日記

救助艇の製作 その1

<スポンサードリンク>


何年か前に購入していましたビストウの国際救助艇「サンダーボート」を製作しました。
(製作は3月〜4月で実施)
ベニア板を中心とした材料が入っている組立キットですが、スクリュー付きキットを入手しました。水上機とボート遭難時の救出が目的ですが、子供用ボートとしても、安心して操作させれる電動ボートだと思います。

購入から数年で、ようやく起工しました。手が遅いです。

20170212_164641.jpg

自宅ちゃぶ台製作所にて、組み立て作業中。やりだすと製作も楽しい。

20170212_164629.jpg

船体底面をプランク中です。何となく飛行機のバルサキット製作と共通する部分があります。
瞬間接着剤は必要最低限で、木工用ボンド(防水の観点で)を主に使用します。
重量は飛行機と違い、全く気にする必要がありませんので、たっぷり使用します。

20170212_230840.jpg
posted by ラジコン飛行中年 at 23:36 | Comment(0) | ラジコンつれづれ日記