2010 年07 月04 日

QRP MAXの機材アップデート

QRPの電動パイロン機、MAXの機材近代化を実施しました。
モーターのブラシレス化と受信機の2.4ギガ化です。

ハイペリオンG3シリーズのリポを搭載してフライトしたところ、
新品のブラシモーターが高放電化に対応出来ず、一発で終了。
機体機材に若干の投資をして、本機を延命することとしました。

このクラスでは、サブアンテナは不要とは思いますが、高速機ゆえ
念のため装着。キャノピー部へ仕込み、同軸アンテナが外部に出る
ようました。

max03.jpg

max02.jpg

max01.jpg

湾岸飛行場でテストフライトを実施。最高速度と垂直面の運動性が
かなり向上しました。時速150キロ以上確実です。

はやく次期エンジン機(京商ムスタング40)を仕上げないと、
エンジン機遠征に行けないのですが、新居への引越準備等あり、
中々進みません。
posted by ラジコン飛行中年 at 18:31 | Comment(1) | QRP MAX
この記事へのコメント
相変わらず、びゅんびゅんですね〜
4年くらいラジコンやってないうちに、
機材は、いろいろ進歩してるんでしょうね〜
Posted by 寺田SHOW−太郎 at 2010年08月14日 23:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。