2007 年02 月25 日

QRP エスパー その1

<スポンサードリンク>


ESPER01.jpg

QRPの400クラス・スタント機、エスパーです。

同社のマーチを製作するか、エスパーにするか迷いましたが、ハンガー(収納場所)の問題で小型のエスパーにしました。
こういう理由で機体を選ぶのも何ですが。。。

製作については、QRPのキットですから特に問題なく、サクサク組むことが出来ます。バルサ材のカッティング精度が高く、修正作業などに要する時間は殆どありません。仕上げで、ちょっとサンディングが足りず?角胴っぽさが残ってしまいました。(もともと角胴ですが)

以前、製作していた一連のムサシノ機と比較すると、一廻りは小さい機体ですが、スタイルが良く存在感があります。


ESPER02.jpg

さて、初フライトの様子です。

パワーユニットは、8セル/500mAのニッカドバッテリー、純正ブラシモーターとギアダウンユニットです。スピードも出そうだな〜、ということで万全を期すため、一番遠い飛行場所まで遠征。

早速、手投げでスタート。スルッスルッと上昇してゆきます。トリムを合わせ、慣熟飛行。何かビシッとした感じがありません。軽快には飛ぶのですが、スタント機らしくない感触。

で、後日パワーユニットを換装。ブラシモーターをギアダウン用ブラシレス(エンルート製)に、バッテリーはリポ(サンダーパワーの3セル2100mA)に、それぞれ置き換え。

で再度フライト。これで文句なしです。

軽量化とパワーアップがダブルで効いてきました。(前述のメーカー指定パワーユニットの印象が今一歩でしたが、もしかすると私の慣らし作業が不足していたのかも知れません)

上空で、自分の思いつく限り(たいした技はないので)のスタントを実行してみましたが、全て難なくこなし、危なげありません。推力も十分で、機首を上げて失速気味のポジションから、垂直上昇が可能です。着陸はプロペラを空転させブレーキをかけながらアプローチ。ワンバウンドしましたが無事無傷で着陸。

現在、最高速度を除き(最高速度はMAXに敵いません)、私の所有機で最高性能です。

↓↓ 部屋のハンガー(スパンぎりぎりです) ↓↓


ESPER03.jpg
タグ:ラジコン
posted by ラジコン飛行中年 at 00:22 | QRP エスパー