2007 年03 月06 日

T−REX その3

T-REX05.jpg

アルミケースの話です。
T−REXを導入して約1年経ちました。

当初から、専用の収納ケースが発売されていることは知ってました。

最初は、「こんなもの(アルミケース)出して、また儲けようなんて。。。」
と否定的だった私。

ですから、最初は買うつもりがありませんでした。
T-REX06.jpg

しかし、ある日、ふと

「これがあれば、スクーターでもチョロッと出掛けて飛ばせるかな」

思いつきで購入してみました。

使いはじめて1年ほど経ちますが、今のところ壊れた箇所はありません。

不満としては、表面のアルミ?が極薄なためか、チョットぶつけただけでも、小さな凹みが出来てしまう点ですね。
しかし、問題点ではありません。

運用面では、とにかく重宝してます。

●2輪車でも運搬可能(クルマが確保出来ない日でも、出動可能)
●持ち運びに気を遣わなくて済む(チョットくらいぶつけてもOK)
●クルマに積みっぱなしも出来る(機体整備はキチンとやりましょう)

また、副次的効果としては、

●機体を入れておけば目立たない(カミさん対策)

といったところでしょうか。

T−REXのサイズからくる使い勝手の良さを、このケースがさらに増幅している感じがしますね。

おかげで、ボイジャーEの稼働率が大いに減ってしまいました。
タグ:ラジコン
posted by ラジコン飛行中年 at 10:02 | アライン T−REX450