2014 年02 月10 日

DSX9退役

JRのXG11MV購入に伴い、今までお世話になったDSX9を売却してしまいましたが、このプロポは購入当時から機能は勿論、デザインが非常に気に入っていました。DSX9のベースとなったPCM9X系がケチの付けようがない完成度で、当時同世代であったフタバFF9のデザインより遥かに好みでした。

DSX9_1.jpg

DSX9の唯一の難点は2.4GHzのアンテナの折れ曲がり位置がかなり高くて、プロポ全高が高くなってしまうことでした。これによって収納ケースに入れづらい、使用中に引っ掛けて壊す(一度飛行場で足を引っ掛けてアンテナを破損し、JRのサービス課に修理に出したことがあります)等が難点といえば難点でした。

DSX9_2.jpg

やはりPCM9Xシリーズの様にモジュールとアンテナが一体化していて交換できる構造の方がベターだと思います。こちらはアンテナの折れ曲がり位置も低くて邪魔になりません。この点はXG11シリーズも同様で、XG11MVは非常に使いやすい印象です。

バッテリーはハイペリオンのLiFe2100mAhを使用していました。
タグ:DSX9
posted by ラジコン飛行中年 at 22:57 | Comment(0) | ラジコンつれづれ日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。