2008 年01 月02 日

電動ヘリ T−REX450のバッテリー

<スポンサードリンク>


皆様、明けましておめでとうございます!!!

P1010424.JPG
HP-LCL2100-3S.jpg
(写真上:取り敢えず2本導入 写真下:エアクラフトより)

アラインのT−REX450を、電動ヘリのメイン機体としてフライト
してきましたが、当初よりバッテリーは3Sを使用しておりました。

昨年より、3S→4S電圧アップで飛行テストをしておりましたが
特段機体側にも問題ありませんので、4Sでの運用を開始します。

4S化のメリットとしては、やはり一番は上昇力アップでしょうか。
ループやストールターンなどの登りは素晴らしく、3Sでの飛行
より、各種操作も簡単な感じです。パワーに余裕がある方が、
墜落リスクも減ると思われます。

T−REX2号機(450S)でフライトしています。

機体側の対策としては、ローターグリップのメタル品換装くらいで、
テールドライブベルトは様子見してますが、今のところ問題無い
ようです。

但しテール廻りの部品は樹脂よりメタルの方が良い(安全)と思い
ますので、今後換装していく予定です。

以下、ハイペリオンのデータより引用。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
Hyperion LiteStorm CL 2100 3S 11.1Vパックです。33.6Aの連続
放電の性能を持っています。このCLシリーズは大きな容量を軽量
でコンパクトなパッケージに収めています。

この2100パックは12A〜33Aでのバランスの取れた高性能と長時間
のフライトを低価格で楽しみたいパイロットにお勧めです。

この3Sパックは非常に普及している400、480クラスの飛行機、
T-Rex450やZoomのようなマイクロヘリに最適です。このような
機体は最大で30A、平均で12〜20Aを飛行中消費します。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by ラジコン飛行中年 at 18:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | アライン T−REX450
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック