2017 年08 月20 日

水上機遠征

<スポンサードリンク>


先月末ですが、某所へ水上機の遠征に参加しました。
今回はフロートにテトラの水中舵を新作して装着。準備は万全(の筈)でした。
20170716_221432BG.jpg

20170716_221410BG.jpg

第1回目で離水に失敗。フロート取り付け部が外れて中破。機体回収に追われ写真はありません。取り付け部が経年劣化で弱っていた様です。水中舵も調整が取れていなかったかも。
(慎重さを欠き、大いに反省)
まずは水上でタキシング調整をしっかりやるべきでした。この日はこれで終了。
20170722_100839BG.jpg

T野さんの愛機です。OSのジェミニ(グロー・ツインエンジン)を搭載しています。
私も保管場所さえあれば、本来はこういう迫力ある機体を飛ばしたいものです。
テトラのフラミンゴ?水上機バージョンを操縦させて頂きました。ありがとうございました。
20170722_103736BG.jpg

K&Sの飛行艇にジェットエンジンを搭載した機体も登場しました。すごい迫力です。
(その後、残念ながらトラブルにより墜落しました)
20170722_100857BG.jpg

愛機スペースウォーカーは今回のトラブルで、主翼も水に浸かってしまったため、定期点検・修理も含めた大幅改装に入りました。3ヶ月ほどドック入りの予定です。
posted by ラジコン飛行中年 at 18:30 | Comment(0) | 京商 スペースウォーカー
2017 年07 月09 日

水上機遠征の準備

<スポンサードリンク>


今月開催の水上機遠征に向け、フロートを点検しました。(異常なし)
今回は、ラダー延長の水中舵に替え、フロート後端に付く水中舵にしてみます。
(テトラ製のキットをヤフオクで購入)
20170708_113548.jpg

ワイヤーリンケージで、機体側ラダーと接続します。
実機っぽくて格好よいですが、ちょっと凝りすぎの機構ではないでしょうか。
(分解/セッティング/分解が、結構大変そう)
20170708_113627.jpg

ラダーですが、Mサイズは30〜40クラスの機体用とのことで、Lサイズにしました。当方のフロートはテトラ・コンドル60用ですが、水中舵が若干オーバーサイズであったため、リサイズ加工。
20170708_113534.jpg

また、キット指定はフィルム貼りでしたが、マイクログラス貼り、ウレタン塗装に変更。
20170708_131750.jpg

フロートに付けると、こんな感じになります。(ラダーをウレタンで塗装前)
20170709_091913.jpg

ちょっと舵面が長すぎの様な気もしますが、まあ、実際のテスト結果をみて考えます。
20170709_091854.jpg
posted by ラジコン飛行中年 at 12:07 | Comment(0) | 京商 スペースウォーカー
2015 年07 月26 日

水上機の遠征

<スポンサードリンク>


昨年の今頃製作していたフロートを試す機会がありました。某所での水上機遠征です。
京商スペースウォーカーとカシオペアセレステにフロート装着して出動しました。

天気には恵まれましたが、最初に投入の露払い役のセレステが離水できず。離水失敗を繰り返して、何回もエンジンが水に浸かってしまいました。今回はゴムボートのお世話になり、何とか回収。

原因は水中舵の高さ調整でした。調整後に何とか離水して飛行。
暑さでフラフラです。

20150719_074502.jpg

20150719_094805.jpg

スペースウォーカーは思いのほか快調で何なく離水しました。バルサキットのフロートは60サイズ(テトラのコンドル60用)で、この機体に対してはやや大きめのためか、ツインエンジンの重量にも負けず、浮きは全く問題なし。一方、離水後はフロートの重さと空気抵抗のせいか、エンジンパワーは余裕が少なくなります。
水中舵はラダー延長の取り付けをやめて、フロート本体に取り付けるタイプに変更しようと思います。

飛行中の写真をクラブの方に撮って頂きました。

20150719093530_original.jpg

20150719_074525.jpg
posted by ラジコン飛行中年 at 02:30 | Comment(2) | 京商 スペースウォーカー
2014 年09 月07 日

スペースウォーカー 水上機仕様 その3

<スポンサードリンク>


お盆休みを挟んで、ちょくちょく作業をしていました水上機用フロートですが、夏が終わって涼しくなってきたところで完成しました。まあ、まだ今シーズンの出動は可能です。
フロートは生地完成後、底面のみグラス貼り&ウレタン塗装で、その他はオラカバフィルム仕上げです。

spacewalker_float5.jpg

spacewalker_float6.jpg

spacewalker_float11.jpg

フロートが出来ましたが、キットはテトラのコンドル60用ですから、取り付け部分はスペースウォーカーにアダプトさせる必要があります。まず、フロートの脚が固定される部分は、胴体の底面プランクをバルサから3ミリ厚の航空ベニアへ貼り替えました。補強も加えましたので、離着水時の強度はこれで大丈夫だと思います。後は、フロートの脚が上手く固定できるように傾斜をつけたスペーサーを航空ベニアで作成します。
(現在作成中)

spacewalker_float7.jpg

spacewalker_float8.jpg

フロートの取り付け角度は、取り敢えず0度にしておいて、実際には水面でタキシングさせて具合を見ようと思います。取り付け角度を確認するため、レーザー水準器を使用しました。ブラック&デッカー(日曜大工用品メーカー)のもので、日曜大工&ラジコン製作でもたまにしか使いませんが便利です。

spacewalker_float9.jpg

写真では見にくいですが、機体重心位置とフロートのステップ位置を合わせます。テトラの取説には「ステップ位置は機体重心と同じか、やや後ろ」とありますが、これも取り敢えず重心位置にセットして、実際に水に浮かべて調整します。

spacewalker_float10.jpg

まだ、胴体下の垂直尾翼と水中舵の製作が残っていますが、ようやく先が見えてきました。
posted by ラジコン飛行中年 at 13:41 | Comment(0) | 京商 スペースウォーカー
2014 年07 月13 日

スペースウォーカー 水上機仕様 その2

<スポンサードリンク>


先週に引き続き、今週末もスペースウォーカー用の水上フロートの製作を続行。防水のためエンジンカラー白色で内側を2回塗り。クリア色も手許にありましたが、塗った場所が分かりにくいので白色にしました。ちょっと重くなった感じです。しっかり塗りすぎたかも。まあ何とかなるでしょう。飛行機を製作するというより、船を作っている感覚です。模型船の製作も楽しいかもしれません。

spacewalker_float4.jpg

フロート上面をバルサプランク中。上面はフラットなので非常に簡単です。

spacewalker_float5.jpg

サンディングを繰り返して、ようやくフロートが生地完成しました。やはり何でもバルサキットは大変です。この後、底面にマイクログラスを貼り、オラカバフィルムで仕上げる予定です。フロートの完成まで後一週間は必要です。更に機体取り付け(テトラのコンドル60用フロートですから、京商スペースウォーカー50に取り付けるには、若干アレンジが必要です)

spacewalker_float6.jpg

posted by ラジコン飛行中年 at 20:17 | Comment(2) | 京商 スペースウォーカー
2014 年07 月08 日

スペースウォーカー 水上機仕様

<スポンサードリンク>


先週金曜日は飛行会の予定でしたが、雨で急遽キャンセル。やむなく自宅で機体の整備に振り替えましたが、早々に終了。余った時間を有効活用して、テトラの水上機用フロートのキット製作を開始しました。

京商のスペースウォーカー50を水上に進出させるべく、90ツインエンジン化で重量がヘビー級になっていることを考慮して、3kgまでの機体重量に適合する「コンドル60」用のフロートにしました。

テトラのキットはねじれ防止の治具も付属していて、正確に組めるので助かります。おかげで、今回は水準器も使用しませんでした。

spacewalker_float1.jpg

フロート底面をプランク中。着水後に岸に乗り上げるケースもあるため、強度アップを図るべく、生地完成後は底面のみマイクログラスをエポキシレジンで貼ろうと思っています。

spacewalker_float2.jpg

サンディング終了。上面プランク前に、内側をエンジンカラーで防水塗装をする予定。

spacewalker_float3.jpg

今回、急遽アマゾンにて防水仕様のタイトボンドを購入。プランクの際に使用。このボンド、防水仕様とはなっていますが、上から防水塗装でコートしないと流石にまずいと思います。(水中分解の恐れあり)

20140704_182806.jpg
posted by ラジコン飛行中年 at 23:06 | Comment(0) | 京商 スペースウォーカー
2014 年04 月01 日

尾島飛行会

<スポンサードリンク>


尾島飛行会の模様です。
20140322_092057.jpg
当日、天気は快晴で非常に気持ち良い日だったのですが、春先らしくとにかく風が強い。パイロットの皆さんも風(止み)待ちです。

20140322_092038.jpg
滑走路脇の駐機スペースの様子です。皆さん飛行に向けた機体準備に余念がありません。私の機体は特に複雑な機構もなく、弄る部分がないため、ホッタラカシの状態です。

20140322_092045.jpg
強風のため機体の小さなセレステは飛行中止。スペースウォーカーのみ飛行させました。着陸時に胴体や翼端を擦ってしまい、またまた小修理が必要です。強風下でも4〜5回飛行させ、中々楽しめました。ツインエンジンは一度ニードル絞り過ぎで飛行中にパワーダウン、緊急着陸で事なきを得ましたが、ニードルは甘めが安心・快調ですね。
posted by ラジコン飛行中年 at 00:39 | Comment(0) | 京商 スペースウォーカー
2014 年01 月14 日

尾島での飛行会

<スポンサードリンク>


spacewalker_fa90ts1.jpg

昨年12月、尾島スカイポートでの飛行会に参加しました。もう何回も飛ばしている京商スペースウォーカーのエンジンを、OS62VからサイトーのフラットツインエンジンFA90TSへ換装、無事に飛行出来ました。

90ツインはその重量が気になっておりましたが、同じく京商のアグワゴンへ同じエンジンを搭載し、飛行している方をWeb上で拝見しましたので、翼面荷重等スペック上ではスペースウォーカーは楽勝の筈でしたが、実際に離陸するまでは不安でした。(受信機用バッテリーの搭載位置変更と、尾部へ錘を40グラム追加し、重心が合いました)

サイトーのFA90TSは、同社FA60TSのボアアップ版エンジンですが、FA90TSの方が何故か重量は軽くなっています。パワー面では以前のOS62Vに及ばず、更に燃費もかなり悪化しましたが、低速でのエンジンサウンドは中々良いです。エンジン調整をO先輩に見てもらい、無事飛行・回収できました。

次回はペラのサイズを12インチから13インチへ上げてトライしたいと思います。

spacewalker_fa90ts2.jpg
posted by ラジコン飛行中年 at 23:00 | Comment(0) | 京商 スペースウォーカー
2013 年05 月18 日

京商 スペースウォーカー

<スポンサードリンク>


最近飛ばしているエンジン機、京商のスペースウォーカーは、非常に飛ばし易く、離着陸も容易です。先日、尾島飛行場でH本さんに撮影して頂いた写真を掲載します。

SPACE_WALKER3.jpg

エンジンはOSのFS-62V、パワーは充分で、スロットルを開けると急角度の上昇も可能です。

SPACE_WALKER4.jpg

低速での飛行性能が優れており、癒しの機体です。



posted by ラジコン飛行中年 at 20:14 | Comment(0) | 京商 スペースウォーカー
2013 年03 月24 日

京商 スペースウォーカー

<スポンサードリンク>


京商のスペースウォーカーです。前回の尾島飛行会に参加した際に
他の参加者の方に飛行中に撮影して頂きました。

エンジンは、以前OK模型のムスタングに搭載していたOSのFS-62V。
ニードルも絞り込んでいませんが、十分パワフルで、4サイクルの
エンジン音も良い雰囲気です。

FS-62Vは先のムスタングには大きすぎ、重過ぎだったようです。
スペースウォーカーには丁度良く、機体の飛行性能も穏やかで、離着陸も
容易ですので、機体を壊す心配も最小限ですみます。

当面はスペースウォーカーで練習です。

SPACE_WALKER1.jpg

SPACE_WALKER2.jpg






タグ:ラジコン
posted by ラジコン飛行中年 at 19:51 | Comment(0) | 京商 スペースウォーカー