2016 年02 月24 日

セレステ修理と飛燕の工作

先日の飛行会でフライト、またも破損のセレステ修理をしました。前回の飛行後にABSキャノピー部品割れ、翼止め部品割れ、2件のトラブル発生、飛行不能の状態になってました。大変良く飛ぶ飛行機なのですが、機体が老朽化してきて色々なところが壊れてきてます。

ABS製キャノピーはマイクログラス+エポキシレジン貼りによる修理、翼止め部品はカーボン板を貼り付け強化しました。これで流石にどちらの部品も今後不具合は発生しないでしょう。

20160221_140406.jpg
割れたキャノピーを接着後、裏面・表面ともマイクログラス貼り。

20160221_140415.jpg
これが無いと飛べません、翼止め部品。カーボン板で強化。

先日、搭載エンジン(サイトーのFa-40BK)をブレークインしましたヒロボー飛燕ですが、尾翼廻りのリンケージを施工しました。お世話になっているIMのエキスパートホーンを使用させていただきました。

あとは受信機用バッテリーの搭載場所確保、重心調整、プロポ設定で飛行可能な状態になります。来月、初飛行の予定ですが、かなり小型の機体なので無事進空できるか、大いに不安ありといったところです。

20160221_140527.jpg
posted by ラジコン飛行中年 at 00:18 | Comment(0) | カシオペア セレステ
2014 年06 月25 日

水上機遠征

昨年の西湖遠征に引き続き、ようやく第2回目となる水上機フライトへ参加することが出来ました。前日まで雨を心配していましたが、当日天気は雲りながら風がなく、波も穏やかです。私の水上機はセレステしかありませんので、フロートを装着したセレステアクアで出動。

celeste_aqua2.jpg

前回、西湖でクラブの先輩にご指摘頂いたフロート位置の変更(重心位置あわせ)を実施して、ラダー水中舵の高さも微調整しました。おかげさまで離着水が飛躍的にラクになり機体の安定度が増し、救命ゴムボートのお世話にもなる事なく、心ゆくまで離着水を練習することができ、大変満足ゆくフライトとなりました。

celeste_aqua1.jpg

今回もクラブの先輩に飛行指導頂き、機体を壊すこともありませんでした。皆様に感謝することしきりです。アクア仕様で上空軽スタントも試しましたが、フロートによる重量増も殆ど気にならず十分な飛行性能が確認出来ました。また天気が良い時にやりたいですね。

rc_boat.jpg

ラジコンボート(ガソリンエンジン艇)も登場。ボートも良いですね。
posted by ラジコン飛行中年 at 23:29 | Comment(0) | カシオペア セレステ
2013 年10 月04 日

カシオペア セレステ水上機

9月末に開催された西湖での水上機飛行会に参加してきました。私の機体はカシオペアのセレステ+専用フロートです。今回は陸上機の水上機化ということで、陸上での飛行は問題ないことを事前に尾島飛行場で確認済みであるものの、何分水上機の経験がゼロであり、「果たして飛ぶのだろうか」と相当不安ではありました。

<クラブの方に撮って頂いた写真>
celesteaqua1.jpg

さて実際の飛行ですが、湖面での離着水と上空飛行は事前の心配に反して特段癖も無く、着水後の機体も無事回収出来ました。フライト回数は5回です。フロート装着による機体の重量増も特段気にならないレベルで、水上機としての機体性能は充分でした。水上走行でのラダー効きもまずまず。但し、クラブの先輩に指摘されて気が付きましたが、フロート取り付け位置が重心から外れて前寄りになっており、機体が後傾してプレーニングに入り難い状態でした。フライト第1回目では全くプレーニングに入れず、機首が水に突っ込んでエンスト。手漕ぎボートでの回収となりました。フロートの前後位置は現地で修正出来ないため、上下角度のみスペーサーで修正し、2回目以降は無事離水出来ました。

celesteaqua2.jpg

フロートの重心位置については取説にも記載あったものの、見逃しておりました。これが決まらないと離着水が決まらずストレスになります。今回は何より台風一過で穏やかな天候、西湖の湖面も限りなくフラットで飛行条件が良かったのが幸いしました。水上機は楽しいです。また次回フロートを修正して参加したいと思います。
posted by ラジコン飛行中年 at 06:53 | Comment(0) | カシオペア セレステ
2013 年09 月16 日

エレベータサーボの交換

20130824_133806.jpg

9月末の水上機遠征への参加に向け、出動予定のカシオペア・セレステのエレベータサーボを、JRの標準サーボからハイテック製の防水サーボへ換装しました。何しろ水上で飛ばしたことが無いので、この部分にどの程度水がかかるのかは不明ですが、先輩よりアドバイス頂きましたので実施しました。

この防水サーボは水に突っ込んでも(水圧がかかっても)動くそうです。以下、ハイテックの宣伝。

「Hitecの最先端テクノロジーにより実現した完全防水構造(特許申請中)を採用した事により、水中での動作を可能にました。RC用サーボの常識を根底から覆す”新たな可能性”を実現する夢のWP(ウォータープルーフ)サーボです。 」

今月に入って天気も荒れ模様ですが、遠征当日は穏やかな天候となるのを祈っております。水面が穏やかなら、離着水も成功するかも。
posted by ラジコン飛行中年 at 07:07 | Comment(0) | カシオペア セレステ
2013 年06 月13 日

練習機の復旧作業

カシオペアのセレステです。復活作業中。先月、尾島で飛行中に他機と接触し大破しましたが、現在2号機を製作して復元中です。夜、寝る前の1時間程度を作業時間に充て、チョコチョコやっていますが、中々作業が進捗しません。

この機体は飛びが良い(軽い)反面、発泡機と接触して大破するなど構造的にはやや脆い感じもありますが、何より専用の水上フロートが発売されており、陸上機・水上機とも簡単に転換出来る点が気に入っています。また水平尾翼とラダーを追加工作で取り外し可の仕様に変更しており、分解すればかなり小さく出来ます。

エンジンはOSの2サイクル35を搭載。陸上機としてはややオーバーパワーですが、水上機ではフロート取り付け時の重量増へ十分対応出来そうです。陸上機ではほぼ垂直な上昇も可能で、非常に爽快な飛びができます。

難点は2サイクル特有の甲高いエンジン音。ハットリの静音タイプのサイレンサーを装備しているのですが、スローは静かですが、上空で高回転まで廻すとかなりウルサイです。とにかく水上機として飛行させるまで、機体を壊さないように気を付けます。

20130618_223800.jpg
タグ:ラジコン
posted by ラジコン飛行中年 at 20:23 | Comment(0) | カシオペア セレステ
2013 年05 月19 日

ラジコン飛行会 尾島にて

尾島飛行場で開催の「遠征飛行会」へ参加してまいりました。飛行前に「念のため」と機影を写真撮影したカシオペアのセレステですが、何と、最終と思われるフライトで他機と接触。墜落・大破しました。
不幸中の幸いでしたが、墜落した機体はメンバーの方のサポートで無事回収。
機体は良い飛びでしたので、また、同じ機体というのも何なのですが、エンジンが無事だったのと、水上機用のフロートがありますので、またセレステ購入して復旧させる事になりそうです。

celeste1.jpg

翌日、自宅にて被害状況をチェック。時間をかければ修理可能ですが、ARFの練習機なので、機体は廃棄。

celeste2.jpg

OSエンジンの2サイクル35。好調だったエンジンをまず復旧。特に問題ありません。

cereste3.jpg


上記の写真が全てと思っていましたら、ビッグスケールのメッサーシュミットBF109をフライトさせている「何となくラジコン飛行機」の「さけさん」が当日の模様をダイジェストした動画あり、その中にセレステも写っていました。大感激!

http://blog.livedoor.jp/yukimaymayshu2002/archives/1820661.html
タグ:ラジコン
posted by ラジコン飛行中年 at 17:20 | Comment(2) | カシオペア セレステ