2016 年06 月25 日

飛燕25の飛行

ヒロボー飛燕25の飛行動画を撮って頂きました。(さけさんありがとうございました)
操縦しながら見ている機体と、撮影された動画では印象が異なるのが不思議です。



この機体はエルロン軸にフタバの小型ジャイロを入れており、飛行中や着陸時のエルロン修正舵が減ったので、リラックスして飛ばせます。ちなみにキット付属の燃料タンクが原因で、エンジン不調が続いていましたが、IM製に換装したところ解決しました。
posted by ラジコン飛行中年 at 06:54 | Comment(2) | ヒロボー 飛燕
2016 年05 月29 日

飛燕 搭乗員

ヒロボー飛燕も数回飛行に成功しましたので、追加で空気取り入れ口取り付けとパイロットを手配。パイロットは、若干オーバースケールですが、適当にという事でKKホビーにて購入。

何国製かは分かりませんが、あまりにも適当な彩色(色塗ってない部分あり)だったので、色が付いていないところは、タミヤのアクリル塗料で塗ってみました。
(コクピット内なのでアクリル塗料でも大丈夫でしょう)
マフラーは白色にしましたが、これは海軍搭乗員のスタイルだったかも。陸軍の搭乗員もマフラーしてたのでしょうか。ゴーグルにも銀色シールを貼り付けてみました。

20160528_133642.jpg

20160528_133653.jpg

機体に接着、搭載しました。
人形は底の部分が重いですが、殆ど切り落としているので、重量増はわずかです。
離れて見れば、それなりの雰囲気です。

20160528_133912.jpg
posted by ラジコン飛行中年 at 13:04 | Comment(2) | ヒロボー 飛燕
2016 年05 月21 日

某飛行場遠征

GW後半、某飛行場にて飛燕の完熟飛行を敢行。折しも、三菱重工のステルス実証機「X2」が小柄な機体ながら、過日名古屋空港にて初フライトに成功しており、ヒロボー飛燕も負ける訳にはいきません。

飛行前に念のため撮影。
ヒロボー_飛燕25_3.jpg

今回、飛行動画をさけさんに撮影して頂きました。(ありがとうございました!)

小型セミスケールということで、安定が不安でしたので、エルロン軸にフタバの小型ジャイロを搭載。着陸進入時にはスロットルとエレベータ操作に集中しようという目論見です。何事も計画通りにはいかないもので、着陸は今一歩の結果でした。



都合3フライト、飛行中の脚出し入れ作動は問題なし。機体も無事に生還。
今後は艤装(空気取り入れ口、脚カバー、パイロット人形など)を実施予定です。
posted by ラジコン飛行中年 at 20:23 | Comment(2) | ヒロボー 飛燕
2016 年03 月27 日

尾島遠征

昨日、尾島飛行場にてヒロボー飛燕25の初飛行を敢行、なんとか無事終了しました。

現地は、春らしく風が吹いたり止んだりのコンディション。第1回目のフライトはクラブの大先輩Sさんにお願いしました。(小さな戦闘機でどうにも不安でしたので。Sさん大変ありがとうございました)

初飛行は意外とあっさり離陸。激しい機首上げでしたがトリム修正後は上空で安定。着陸寸前でエンストが発生、前転しましたが機体は小破程度で済み、第2回目フライトに進みます。

午後の第2回目は自ら操縦し離陸〜着陸。難なく試験飛行を終えることが出来ました。サイトーの40でパワーは充分な感覚でした。(飛行中の写真がなくて残念!)

ヒロボー_飛燕25_1.jpg

(飛行前に駐機場にて記念撮影。遺影にならなくて良かったです)

ヒロボー_飛燕25_2.jpg

次回は、今回パスしたランディングギアの引込を実施する予定です。
posted by ラジコン飛行中年 at 14:00 | Comment(2) | ヒロボー 飛燕
2016 年01 月03 日

飛燕を製作中

昨年末からの雪不足で、今年はスキーも今一歩。

新年から、ヒロボーの飛燕を製作しています。引込脚を何とか作動するように調整。
部品の精度が結構いいかげんで、組立工程の都度、摺合せ・削りなどの加工が必要です。
(ARFキットですが、かなり手間がかかります)

20151213_150517.jpg

水平尾翼は追加工作で取り外し可能としました。ついでにラダーも取り外し可能に。
エンジンはサイトーの4サイクル40です。
キット付属のエンジンマウントはひん曲がっておりますが、そのまま使用します。

20160103_195611.jpg

次回の尾島で初飛行すべく、頑張っています。
posted by ラジコン飛行中年 at 20:11 | Comment(4) | ヒロボー 飛燕
2015 年11 月14 日

飛燕を製作中

飛燕25を製作中です。製作といってもARFキットなので本来は時間かからない筈ですが、余計な改良・強化や、改悪など施しているので進みません。現在は引込脚を取り付け中。キット付属のリトラクトは電気式ではなく、機械式なのでリンケージの調整が面倒です。本番のハンガー9・テキサン60(FA120R3搭載予定)では作動の確実な電気式に換装しようと思っています。

HIROBO_HIEN.jpg

製作は進みませんが、ネットを見ていると「これは確保(購入)しておかなくては。」という気になり、また購入してしまいました。サイトーのグロー3気筒FA90R3です。ブラック&ゴールドで、既に購入している同タイプの120よりビジュアルは派手です。出力は0.95PS、重量が850グラムです。4サイクル50クラスのパワーなので、パワー・重量比ではちょっと不利ですから、50クラスの機体に載せることにします。

見た目なら、FA90R3の方が格好良いです。

FA90R3_1.jpg
FA90R3_2.jpg

こちらは、120のFA120R3。カタログスペックでは、1.4PS、890グラム。90クラスの機体が適合。

FA120R3.jpg

FA90R3用の機体は、空冷エンジンの固定脚という条件で探した結果、京商のスホーイにしました。この機体は50クラスですが、まあ何とかなるでしょう?RCgroupsなど見ると、FA90R3を60クラスに搭載して飛ばしている人も居ますので、パワー的には問題ない筈です。

KYOSHO_SUKHOI_SU31.jpg

とにかく早く飛燕をロールアウトさせないと、3気筒エンジンに行けません。
posted by ラジコン飛行中年 at 11:52 | Comment(2) | ヒロボー 飛燕
2014 年05 月29 日

飛燕 起工

ヒロボーの飛燕25です。起工といってもARFキットですので、本日はエルロンのヒンジ接着とフィルムを切っただけです。引込脚仕様の戦闘機の練習用に購入しました。ランディングギアを壊さないで着陸させる事が課題です。夏の飛行遠征までに間に合うか?

20140528_235232.jpg

2サイクル25クラスか電動仕様を選択可能となっておりますが、ちょっと機体が微妙なサイズで、エンジン選定には迷いました。(4サイクルなら30〜40クラス)

結果、パワー重視でサイトーの4サイクル40を選択。カタログスペックでは、サイトーのエンジンはOSと比較してかなり軽量です。サイトー40とOS30で重量は大差ありません。但し同じ排気量同士だと、サイトーの方が非力な気もしています。(馬力実力値が額面割れしている感じ)

さてエンジンは新品で購入したので、またまた面倒なブレークインも必要です。
黒/金塗装でゴールデンナイト(GK)というこれまた微妙なネーミングですが、黒塗装エンジンが好きなので良しとします。

20140528_235337.jpg

全体的に小ぶりな飛行機です。
posted by ラジコン飛行中年 at 00:16 | Comment(0) | ヒロボー 飛燕